あ、あんなに大事にしていた彼女(自転車ね)を盗まれるなんて…

シェアする

それは、四万十で出会った友人のライヴを聴きに行ったときの事。
愛車(自転車ね)にサドルバッグを取り付け、
ハンドルも自分の肩幅に合わせて半日がかりで調整したばかりで、
ああ、なんてカッコいい自転車なんだろう。
と思っていたんだ。おれは。
ライヴ会場まではちょっと遠かったんだけど、
それでも、チューンナップしたばかりだったから、
とにかく乗ってみたかったんだよ
それで、1時間くらいかけてライヴ会場まで行ったんだ。
やっぱり素晴らしいライヴだったよ。
喫茶店が会場だったから、イスが堅くっておしりが痛くなったけど、
そんなことも忘れたよ。
でもさ、自転車の鍵は絶対しめていたはずなんだ。
そこは忘れていなかったはずなんだ。
でもね、ライヴが終わって帰ろうと思ったら、
その自転車が消えていたんだ。
もう、愕然としたよね。
オーストラリア生活を楽しめたのは、
他でもない彼女(自転車ね)のおかげだったんだ。
おれは許せないよ、大切な彼女(自転車ね)を盗んだ奴が。
あいつがいなければ、
おれは2000キロもオーストラリアの砂漠を走る事はできなかった。
どこに行ったんだろう。
ひどいよひどいよ。
自転車

にほんブログ村 旅行ブログ その他珍しい旅へ

かわいそうな私に間の手いや愛の手を!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク