さあ、出発しますか。

シェアする

MasatoとSatoruは、自転車を飛行機に載せるときはけっこう緊張するらしい。
ぼくは大して気にも留めていなかったが、飛行機の貨物ってドカドカ投げられるらしいので、
自転車が壊れてしまわないかどうかが心配でしかたないようだ。

え? ぼくは「まあ、なんとかなるっしょ。」くらいにしか思っていなかったよ。

組み立て終わった自転車。
いよいよ出発します。

ちなみに自転車を梱包材(例のプチプチ。英語ではBabble wrapというらしい)で
丁寧に巻いてきたMasatoくんの自慢の自転車はほぼ無傷。

なんにもしなかったDaichiの自転車は同じくほぼ無傷。

そして丁寧に梱包材と柔らかいロールマットで丁寧にくるんだ
Satoruくんの自転車は、ボトルホルダー破損。

という結果でした。
まあ、壊れるときは壊れるってわけですね。

他の人にじろじろ見られながら自転車を組み立て、
さて、ダーウィンの中心地へと走り始めました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク