ノーザンテリトリーのおいしい牛乳

シェアする

いよいよ旅らしくなってきた。
目に入る風景は果てしない一本道と二人の仲間。それだけだ。

ぼくらは周りの風景が明るくなるとともに自転車を漕ぎ出した。
両肩を心地よい風が通りすぎていく。

この旅最初の補給地点となる場所はAdelade Riverという小さな村だった。

最初に行く場所はそう、もう決まっている。
ゼネラルショップ(コンビニのようなもの)だ。
そして、飲み物は…

ビール!

といきたかったところだが、この日はさすがにまだ日が高かったので、
ぼくは路上にゴミとしてたくさん落ちていた「ノーザンテリトリー印」のコーヒー牛乳を買った。
これ、気になってたんだよね。

Masatoだけは

「コーヒー牛乳よりビールの方が安い…!」

などという危険なことに気づいてビールを注文したらしいが、
10時にならないとアルコールは売れないと断られたようだ。
まあ、これは英語力ほぼゼロの彼の言葉なので確証はないんだけれどね。

その後、公衆トイレに入ってみると、なんと大変なものを発見してしまった。

なななななんと!
公衆シャワーである。

オーストラリアは水不足の大陸。そしてここはまさにそのど真ん中であるノーザンテリトリーだ。
なんという予想外。

迷わずにシャワーを浴びる。
そして、服も洗濯する。
そして、路上で乾かす。

至福の時である。
この時を境にシャワーの心配はしなくなった。
ビーチ以外に公衆シャワーがある国なんてあるんだ。ちょっとカルチャーショック。

ノンビリ過ごしていると同じく自転車の旅人がやってきた。
彼はアデレードまで行くらしい。がんばってください。

お昼を過ぎるまで存分に休んだ後、涼しくなりだしてからまた自転車をジャカジャカし始めた。

人気ブログランキングへ ← ブログランキングにご協力ください!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク