バスケットゴールの付け方は?

バスケットゴールのネットが壊れてしまうってよく有りますよね。

最近のゴールなら輪っかにフックがついているから簡単なんですけど、フックがついていないタイプだと、バスケットゴールのネットをつけるのは、結構大変です。

一度ゴールネットを分解しなければならないからです。まず、ネットの一番うえのどこかに結び目がありますので、そこから分解していきます。

一周分分解できたら、こんどはゴールの輪っかにひもを通しながら編んでいきます。

そうしてきれいに編み終われば、あーら不思議、ゴールネットが元通り!

ワーホリで働いていた学校の子ども達にせがまれてネットで調べたところ、これといった情報がなかったんですよね。

どうやら、編んでつける。これが普通のやり方のようで。

きっとバスケットボールやってる人にとっては当たり前のことなんでしょうね。でないと情報がないの変ですもん。

ちなみにぼくはバスケットボールは苦手です。球技全般苦手です。でもバスケットボールのゴールネットは編めました。

今も編めるかどうかはわかりません。編み方が知りたい人は自分で分解してみてください。それが一番わかりやすいです(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です