ピンクパンサーな夜

ピンクパンサー・パブのなかは薄暗かった。
なかに入るとお土産屋さんと、食事を注文するカウンターがある。

ぼくらは注文している間にお土産を物色する。
どうやらこの店は「ピンクパンサー」を意識しているらしい。

お店の外にあった人形はピンクパンサーに見えなかったけれど、
やっぱりピンク色に塗られていたからピンク・パンサーなんだ。

棚はけっこう薄汚れている感じで、
いったいだれがこんな場所に訪れるのだろうか…。

と思ってしまうが、実際ここにはぼくらと、
さっきのおじいさんを含め4人も客がいるじゃないか!

というか、この砂漠の道にはこうしたお店は100kmに1つくらいしかないので、
いやでもこの店に入らざるをえない。
なにより「ピンクパンサー・パブ」という名前にひかれてしまう。

ぼくらはここで食料を買い足す。
このまえユージンに教えてもらった(食べさせてもらった)
缶入りのパスタと食パンがおいしかったので、
たぶんそういったものを購入したと思う。

なにしろ久しぶりの更新なので記憶があいまいになっているのだ。

今日ものんびりと昼寝をして、それからブッシュのなかで寝ることになった。
相変わらず夜空はきれいだ。

あのおじいさんは、どこまで行くんだろう…。
おれもあのくらい歳をとっても旅がしたい…。

きっとみんなそんなことを考えながら眠ったはずだ。
Satoruはたぶんなにも考えずに熟睡したのだろう。

<2009年9月8日>
この日の走行時間:4時間15分
この日の走行距離:87km
この日の平均速度:20.4km
この日の最高速度:32.6km

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です