ワーキングホリデーとは?

シェアする

ワーキングホリデー。
それは、海外で過ごすホリデイ。
皆さんは海外に行くときにどんなビザを使っていますか?
多くの人は「観光ビザ」と呼ばれるビザを使っているかと思います。
いや、日本人が大勢行くような国の場合はビザが要らない場合もありますから、
ビザについてよく知らない人もいるかもしれません。
通常、観光や就学を目的としたビザの場合、渡航先での就労は認められていません。
ところが「ワーキングホリデービザ」の場合は、
あくまで休暇(観光)が目的ではありながら、就業することができますし、
期限は決まっていますが就業することもでき、最長で1年間滞在することができます。
と、いうことは、旅行先でお金を稼ぎながら旅ができるというワケです。
この制度、日本では

  • カナダ
  • オーストラリア
  • ドイツ
  • ニュージーランド
  • フランス
  • イギリス
  • 韓国

上記7ヶ国の間で行われており、最近では割と一般的に聞かれるようになったようです。
人によっては本当に休暇を楽しんだり、
人によっては語学の勉強を目的としたり…。
旅のスタイルや目的は様々に組み合わせることができ、
そこがワーキングホリデー制度の最大の魅力だということができます。
ぼくの場合は周囲の影響もあってずいぶん前から、
大学を卒業したら必ずワーキングホリデーに行こう、と考えていました。
そんなわけで100年に1度の不況だとか言われているこの時期ではありますが、
卒業してさっさとオーストラリアに渡ることにしました。
そもそも農業の勉強を主目的と考えているので、
農業労働力が足りない今の時代なら不況に関係なくファームの仕事はあるだろうよ!
というワケで行ってくる次第でございます。
出発は4月10日。
その後はオーストラリアでの生活をつれづれとつづっていきたいと思います。
そうそう、この前ユニークなサイトを見つけましたよ。
オーストラリアでのファーム生活専門のマガジンです。 → Fastα

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク