列島マラソンで村おこし ~トカラ列島のばあい~

 便利な生活を求めて都市部へやってくる人が多い中、
逆にみどり豊かな環境を求めて小さな農山村や離島村に憧れる人も増えているようです。
特に連日真夏日が続くなかでは、山村の過ごしよさといったらない、と思います。
ぼくが知っているのは山村よりもっと山奥での話ですが…。

 今回は、ぼくがたまにお世話になる、ある離島での場合。

 鹿児島県の離島、十島村。またの名を「トカラ列島」。

 この離島村は南北160kmに連なる日本一長い自治体なのですが、
おもしろいのは、その島の数。

 全部で12も島があるのに、村の名前はたった一つ、十島村。
ちなみに、なかには無人島もありますので、有人島の数は全部で7島です。
それでも人口は全体で600人ほど。

 実は、この、160kmの距離を定期船を利用して走破してしまおうじゃないか!
という大胆な村おこしイベントがあるんです。

 第1回は2006年の開催で、昨年度は台風のため、中止になった、なんて話を伺いました。
が、今年11月1日に、ついに2回めが開催されるそうです。

 船を使って有人7島を走り抜ける。
 
 なかなかおもしろそうだと思いませんか?
 マラソンで村おこし、ということも、よくある話のようですが、こんなユニークな企画は他にはないのでは。

○参加希望者は
http://www.tokara.jp/contents/2008/07/post-e165-1.html
をご覧ください。
締切りは今月31日です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です