南アルプス・雪の仙丈ヶ岳へ!

シェアする

さて、まずは仙丈ヶ岳への登山だ。
標高3000mを越す大きくて高い山。
向かいに屹立している甲斐駒ヶ岳よりたおやかな山容ではあるが、標高は66m高い。
さあ、最低限の荷物だけを担いで出発だ。
おっと、帰ってきてから飲むビールはちゃんと雪に埋めて冷やしておこう。


ベースキャンプの北沢峠から仙丈ヶ岳までは長い尾根を登っていく。
最初は真っ白に化粧された森のなかを歩くわけで、
ときどきある急坂では顔から汗がしたたってくる。
とてもいい天気で、時折頂上方面を仰いでみても風は弱そうに見えた。
それまで1週間もぐずぐずした天気が続いていたのだが、
仙丈ヶ岳と甲斐駒ヶ岳のアタックにあたる日には素晴らしい天気が予報されていた。

sinringenkai
やがて森林限界を抜け出していく
甲斐駒ヶ岳をバックに登る
振り返れば明日登る甲斐駒ヶ岳が堂々と立っている
なんてゴツゴツしているんだ
ちょっと明日が怖いぞ

森林限界を抜けるとそこには白と青の世界しか存在しない。
なんて美しい光景なんだろう。
なんて偉大な山容なんだろう。
そんなことを考えていると自分たちがいかにちっぽけなのだろうか、と思ってしまう。

白い世界が広がる森林限界
仙丈カール
ヤセ尾根1
ヤセ尾根2

辺りに緑がなくなるとものすごい高所感にかられ、同時に恐怖感にもかられる。
しかし、この怖くて気持ちよい尾根を歩いているとまるで宙にいるようだ。
そして、一歩一歩ていねいにヤセ尾根を進んで行くとやがて頂点へと達した。
恐怖と素晴らしい展望と共に極める頂点はとても気持ちがいい。

北岳と富士山
日本最高峰・富士山と第二の高峰・北岳のツーショット

頂上からは文字通り360度のパノラマ…。
風はかすかに頬をかすめるそよ風だけ…。
なんて素晴らしいんだろう。
こんなに素晴らしい世界に出会えて本当に良かった。
ぼくらは何度も仙丈ヶ岳の頂点を振り返り、
そして明日挑む甲斐駒ヶ岳を目の当たりにしながら軽やかに下山していった。
登りに感じた高所感による恐怖なんてほとんどない。
ものは慣れか。しかし、慣れることって恐ろしいとも思う。
<タイム>
北沢峠 → 仙丈ヶ岳 (5時間30分・約8000歩)
仙丈ヶ岳 → 北沢峠 (3時間くらい)
※この日の総歩数:130401歩
<撮影機材>
OLYMPUS E-3 + ZD 12-60mm
※画像処理:GIMP 2.6.1
(つづく)
自然体験ブログランキング ← より多くの人にこの自然を知ってもらうためにクリック!

スポンサーリンク