道に迷ったら、小さな頃を思いだそう。

シェアする

ぼくは「村おこしNPO法人ECOFF」という名前のNPO法人を運営しています。

このNPOの目的は、その名の通り「村おこし」をすることです。

しかし、一口に村おこしといっても様々な考え方がありますよね。

お金をもらえればそれでいいのか?
観光地化をすればいいのか?

その答えは千差万別だといえます。

しかし法人として活動する以上、中途半端をするわけにはいかないので、
ECOFFではECOFFの考え方を示しています。

それは、

村の人と都会の人の交流を活発化させる

ということです。

だったら、観光化するのかい?
といわれると、それはどちらとも言えません。

村の人が観光化を求めているなら、観光化すべきでしょうし、
そうでないのであれば、観光化はすべきではありません…。

しかし、これはあくまでも法人としての考え方です。

なにがいいたいのかというと、つまり、個人的な考えは、
もう少し違いますよ、ということなんですね。

今までは肩肘張って、やれ地域活性化だ、自然を守れ、
だの小難しいことを言っていたのですが、
最近、原点に立ち返ってみました。

なぜ自分が地域活性化を始めたのか??

それは、自分がアウトドアが好きだから、
旅が好きだから、今まで出会った村の人が好きだから…。

だから、村がなくなっては困ると思っていたんです。

村がなくなれば、旅の醍醐味である「人との出会い」がなくなってしまします。

村がなくなれば、そこにある自然は荒廃していってしまいます。

ぼくは原生林も大好きですが、
日本の国土のほとんどを占めるのは「二次的自然」といって、
人の手が加えられているものです。

だから、村がなくなれば人の手が入らなくなり、
アウトドアの舞台である自然が失われてしまうのです。

そんなのは嫌だな~。と思いました。
そして、探検部であったぼくが出会った村は、
ほとんど人に知られていない場所でした。

ある程度都心に近かったり、
「小笠原諸島」みたいに有名な場所であれば
わざわざ自分がやる必要はなかったのかもしれませんが、
あいにく、その場所には外部の団体はほとんど入っていませんでした。

だったら、自分でやるしかないかな~と思って、始めたのでした。

それが、ECOFFの原点だったんだ…。

ECOFFもさまざまな取り組みを始めましたが、
取り組みに一体感を持たせ、
それぞれが繋がりをもつようにしたいと考えています。

すべてがお互いに力をつけあい、連鎖することによって、
効果的に地域活性化を目指す必要があるはずです。

原点に立ち返ってみると、見えるものがありました。

よく言われることではあるけれど、
なにかに行き詰まったときには、原点を思い出すといいですよ!

そう、例えば「子どもの頃になりたかったものは?」

こんな設問でも、自分を取り戻すことができるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク