屋久島紀行(23) -静かな山-

夜の間に小屋の前はすっかり白銀の景色になっていた。
予定では新高塚小屋を出発した後にそのまま宮ノ浦岳・永田岳と縦走するはずだったが、
あまりにも寒く、積雪が多かったので引き返すことにした。
小屋で一緒になった他のパーティーはちゃんと冬山の装備を持っていたが、
なにせぼくは南国・トカラ列島からの帰り道。
完全に夏用の装備しか持っていなかった。
トカラは暖かかった。山の中ではなかったし。
しぶしぶ小屋から山を下り始めることに。
しかし、この判断が良かったのかもしれない。


登りは他の登山者も多い時間帯になってしまったので、
そのおかげでちっとも屋久杉やら景色やらを堪能することができなかった。
が、この早朝からなら静かな屋久島を体験することができるはずだ!
というわけで自分をごまかして下山を始めると思ったとおりだった。
静かな静かな山。
静寂のなか、縄文杉が黙ってぼくを迎えてくれた。

(つづく)
自然体験ブログランキング ← より多くの人にこの自然を知ってもらうためにクリック!
撮影機材:OLYMPUS E-3 + ZUIKO Digital ED 12-60mm f 2.8-4.0 SWD

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です