屋久島紀行(28) -ナイトダイビングしてしまう-

無事に出発前にお会いしたOB・OGとの再会を果たし、家に招いて頂いた。
で、
「潜ってみる?」
というOBの一言で屋久島の海に潜ってみることになった。


一応Cカードを持ってはいるもの、
今までトカラや奄美などダイバー垂涎の島に何度も行っているものの、
なんと一度もそのへんで潜ったことはなかった。
幸いにもダイビングサービスを始めようとしているOBの家には装備がすべて揃っている。
下山したばかりでいきなり潜るのはどうかとは思うが、
まあ、今潜らなかったらまたチャンス逃すし。
ということで潜ってしまうことにした。
潜った後に山に登るのはタブーだが、逆なら問題ないでしょ。
なんだかんだと準備をしているとあっという間に辺りが暗くなってしまった。
あれ? これってナイトダイビング?
たぶん2、3年ぶりのダイビング。
しかも初のナイトダイブ。
ん~。ちょっとハチャメチャかもしれない。
でも、まあいいか。
簡単に講習をうけて浜からエントリー。
ちなみにこの浜は彼のプライベートビーチらしい。
集落はずれの小さな浜である。
結局その日の海にはうねりがあって視界もよくなかったが、
久しぶりに味わう浮遊感はやっぱりおもしろい。
ちょこっとだけ生物も見ることができた。
もう寝ている魚もいた。
と、ゴーグルの調子がよくない。
少しずつ少しずつ海水が入ってくる。
懸命に水を抜こうとするが方法をど忘れしてしまった。
やばいやばい。
どんどんゴーグルに水が入ってきて、ついに何も見えなくなってしまった。
しかも真っ暗闇の海の中。
んー、これはちょっと怖いっすよ!
レギュレーターを加えたまま一所懸命に助けを呼んで浮上のジェスチャーを連発。
ふうー。
いやあ、久しぶりに焦ってしまったが冷静を装っておいた。
今度は昼間に潜ろう。
昼間の方が視界あるしね。
(つづく)
自然体験ブログランキング ← より多くの人にこの自然を知ってもらうためにクリック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です