谷川連峰タカマタギ・まとめ!

シェアする

前回のタカマタギ登山のまとめ。
この山行ではパーティーを2つに分けたが、それぞれのルートは以下。

この山行のポイントはAパーティーのルートだろう。
雪洞堀りの山として人気のタカマタギだが、
ほとんどのパーティーはBパーティーのルートを取っている。
そのため、要所要所に目印があるようだ。
しかしながら、同じようにタカマタギを目指す尾根である
Aパーティーのルート上には、少なくとも雪洞地点までは目印は皆無であった。
尾根はBパーティーのルートよりは細いが、そのぶんわかりやすいともいえる。
できるだけトレースの少ない登山を行いたいひとにはオススメのルートかも。
<Aパーティーのタイム>

  • 林道 - 雪洞地点 (1時間30分)

  • 雪洞堀り (4時間)
  • 雪洞地点 - 林道 (1時間30分)

<Aパーティーの隊員構成>

  • 探検部1年:1名 (男・中肉中背・初雪山)

  • 探検部2年:1名 (女・痩せ型・久しぶり雪山)
  • 探検部3年:2名 (男・スマート型&メタボリック型・よく行く&すごく久しぶり)
  • 探検部4年:1名 (男・中肉中背・よく行く)

<ちなみに…>

  • 完成した雪洞の大きさ:10人以上泊まれそう

  • 実は、国道から林道の登山開始地点までもラッセルだった。

<総括として>

  • 2つの入り口から同時進行で作った雪洞。
    5人が泊まれるだけの広さにするなら、もっと短時間で作れたんじゃないの。

  • 2月でも時には雨が降り、よく吹雪く。
  • タカマタギからさらに続く尾根を縦走するのも楽しそう!

以上、ご参考までに…。
もし、タカマタギに行ったよ、という方や、行きたいな、という方いらっしゃいましたら、
ご報告コメント等いただけると幸いです。
一緒に情報交換しましょう!
自然体験ブログランキング ← より多くの人にこの自然を知ってもらうためにクリック!

スポンサーリンク