究極に「エコ」な乗り物の持つたった1つの問題!

最近みんなハイブリッドカーを見て「エコエコ」言うけれど、おれに言わせりゃ、ハイブリッドカーなんてちっともエコじゃないわ! 知っていますか? 人類がこれまでに発明した乗り物のなかでもっとも効率がよい(=エコな)乗り物がなんなのか?

それは、あの中国に5億台はあるといわれている…。そう、自転車です!

みなさんも子どもの頃さっそうと自転車を乗りこなす大人をみて、あこがれて、そして坂道をくだって勢いをつけて練習をしたり、転んでケガをしたり、しませんでしたか?

自転車って人類史上もっとも効率よく前進できる乗り物であると同時に、いまだに自立して進めるメカニズムが解明されていないんだそうです。実は不思議な発明なんですねぇ。

そんなわけで、今回は自転車にまつわるエコなお話を紹介。ちなみに、私が購入した自転車はコレです(リンク先は現在のモデル)。

最近は自転車の取り締まりが厳しいようで、歩道でなく車道を走れだとか、ハンドルにブレーキのない自転車は法律違反だとか、ある意味話題になっていますよね。(ハンドルに付いてなくったって、ブレーキがあれば違法じゃないんじゃないんですかね?)

少し前までは「エコな乗り物!」とか言ってもてはやされていたのに、今となってはまるで目の敵。ちょっと自転車を置けば撤収されるし、駐輪所に置こうものならお金がかかります。こんな現状ではとてもじゃありませんが、自転車に気軽に乗ることはできません。

せっかくエコな乗り物だといって注目されていたのに、今では自転車に乗るとお金がかかるからと自動車やバスを使うようで本末転倒。いったいどうしてこんなに自転車に乗りづらい街になってしまったのでしょうか…。

実は先日、念願のツーリング自転車を購入したんです。ランドナーとも呼ばれるもので、ツーリングに適したタイプの自転車ですね。オーストラリアで購入し砂漠を2000kmも駆け抜け、
時に一緒にコケて大怪我をして、時に仕事に行くための足になっていたTREKのクロスバイク…。その自転車が2011年の正月に中野で盗まれてから、果たして2台目を買えるのかどうかずっと悩んでいました。

しかし、やっぱり東京では自転車が一番便利だし、そもそも自転車がなければツーリングはできないと思い、ついに2世を購入しました。そんなわけで、少しずつパーツを買いなおして自分好みのマシンに仕立てている最中です。

で、自転車に乗ってさっそうと街を駆け抜けるわけですが、車道には路上駐車が大量にあり、走るのがものすごく怖いです! そして、駐輪場がない…というかあっても有料! さらに、いつ盗まれてしまうかと駐輪中は気が気でない!

そんなことに改めて気付かされたのでした。特に一度愛車を盗まれた者にとって【盗難】ほど恐ろしいものはないです。

ところで、都会の駐輪場って機械式にしている弊害で停めるスペースが少ないですよね。それで結局有料の駐輪スペースの周辺にタダで停めている自転車が多数目につくのですが、 これもまたいかがなものでしょうか? 欲を出して有料にしたもんだから、結局置く場所が減って自転車があふれ、歩道にはみだしてしまうこの現状…。

タダにしてしまえば機会が必要ないからそもそもの投資がほとんどなくて足りると思うのですが。なぜ、有料にしてまで街を汚そうとしているのでしょう。彼らは。

自転車は本当に気持ちのいい乗り物です。「CO2をどれくらい排出しているのか気になるから…」っていう車のCMがありますが、もちろん自転車はCO2を一切排出しません。強いていえば運転手が運動によって吐き出すCO2くらい?

時速は舗装された道路なら20kmくらいまででますから、歩行時のおよそ5倍のスピードで移動することができます。都会の場合、渋滞や信号があることを考えると実は自動車と同じくらいの時間で目的地に到着することができるくらいです。

だったら、健康にもいいし自転車で通勤したほうがいいと思いませんか? という感じで、いいことづくしに思える自転車なのですが、これにはたった1つだけ問題点があるんですよね。

そう、さっきから不満を上げていた通り、とにかく街で乗りにくいんです。

  • 車道は路駐があぶなくて快適に走れない。
  • 駐輪場は有料。
  • ちょっとでも目を離すと撤収か盗難される。

などなど…ふう。みんなで自転車に乗ってまずは路駐をなくすことから始めますか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です