ついに実現! box.netがdropboxみたいに使えるようになった!

box-share

box-share

弱点がなくなったbox.net

無料で5GBのオンラインストレージを利用できる「box.net」がついに、
ローカルフォルダとオフラインフォルダを自動で同期する機能を追加しました。

box.netはdropboxを使う前から活用していました。
dropboxとは異なり、オンラインでしか使えないのですが、
機能はbox.netの方が圧倒的に優れています。

たとえば、PDFやWordのファイルを見るには、
そのアプリケーションがインストールされたPCでしか見ることができませんよね。

しかし、box.netを使えばそんな心配はありません。
box.netそのものにプレビュー機能がついているのです。

例えば、こんな感じです。
南アルプス縦断沢登り<報告書> 

今では当たり前ですが、メンバー同士でファイルを共有する機能など
かなり初期の段階から備えており、
dropboxがメジャーになるまではbox.netの方が
利用されていたのではないのでしょうか。

ところが、多機能でありながらも自動でローカルフォルダと
同期する機能がなかったのが唯一の弱点で、
フルに活用できない理由でもありました。

※WebDAVという方法で同期することは可能でしたが、
ビギナーには設定が難しく、かつ同期速度が遅すぎました。

しかし、このたびついにbox.net自身が同期機能をリリース。
しかも、なんでもかんでも同期させてしまうdropboxとは異なり、
box.netは選択したフォルダだけを同期させる方法を採用しました。

これなら、ローカルの領域を無駄に圧迫することがありません。
これでbox.netはdropboxと十分対抗できるようになったという印象です。

 

50GBの容量を持っている人に朗報

特に、無料で50GBの容量がもらえるキャンペーンを利用して
50GBをゲットした人にとっては大きな朗報でしょう。

なぜなら、同期機能がないbox.netでは50GBももらっても活用する
方法が思いつかない人が多くいたはずだからです。

実はぼくもそのなかの一人でした(苦笑)。

今までは、必死にdropboxの容量を増やしていましたが、
しばらくは心配なさそうです。

 

でもまだ一般公開ではない?

と、息急き切ってここまで書いたのですが、
下記の記事を見るとどうやら全ての無料アカウントユーザーに
開放しているようではないみたいですね。

日本のクラウド市場に殴り込み? box.netの同期サービスが襲来! 【デジ通】

どうやら一部の無料アカウントユーザーに向け、
メールで招待をしているようです。

ラッキー。

しかし、以前もiOS端末やAndroid端末に対し、
50GBもの容量を無料でプレゼントしちゃう気前のいいことをしているので、
もしかしたらすぐに開放するのかもしれません。

逆に、期間限定のキャンペーンと銘打って
無料で提供してくれるかもしれませんね。

使っている人は要チェック。
使っていない人は、box.netの動きに注意するといいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です