トカラ列島の概要

その村へのフェリーは、
真夜中にひっそりと出港する。

透き通るコバルトブルーが広がる薩南諸島の 海を夜空と例えるならば、
その空に遠慮がちに散りばめられた7つの小さな五等星。

さほど多くの人 には知られていないその島々は
古来から「トカラ列島」と呼ばれている。
日本の南西諸島、詳しくは 南西諸島の北に位置する薩南諸島にある列島である。
自治体の名前は「鹿児島県鹿児島郡十島村」。

屋久島や奄美大島といった、面積も人口も大きい2つの島に挟まれて
ひっそりと存在するこの列島 は、7つの有人島と5つの無人島、
合わせて12の島々で構成されており、その存在はほとんど知られ ていない。

しかし、その知名度とは裏腹にこの列島は、

<日本でもっとも長い自治体>であり、
<温帯気候と亜熱帯気候の遷移帯に位置>しており、
<ヤマト文化と琉球文化と東南アジア文化の混じり合った文化>を持ち、
<黒潮の分かれ目>に位置している

など、さまざまな特徴を持っている。

これほど複雑な場所でありながら何故知名度が低いのだろうか。
それは単純に面積も人口も微小かつ、先述した一般的に興味深い2つの島に
挟まれて影が薄くなって いるためだと考えられる。

私がはじめてトカラ列島の存在を知ったのは2006年のことで、
その後2007年にはじめてトカラ列島の宝島を訪問した。

目的は宝島ではなく、他のことにあった。
しかし、宝島訪問直後縁あって同列島の中之島を訪問したのを
きっかけにトカラ列島の奥深さに惹かれて、
それ以来足繁くこの島々を訪問することとなった。

トカラ列島は日本国内でおそらくもっともたどり着くのに
時間のかかる場所であるといえるだろう。
どんな辺境の地でも、近隣の空港まで飛行機で飛び、
そこから車に乗り換えれば到着するまでそれほ ど時間がかかることはない。
一方でトカラ列島は一番近い港から出発しても
必ず一夜をフェリーで過 ごさなければならない。

羽田空港や関西空港から出発することを考えると
飛行機に乗っている時間に プラスして鹿児島空港から鹿児島港まで1時間以上、
そしてそこからもっとも近い口之島まで8時間以 上も時間がかかる。

このトカラ列島よりアクセスの悪い場所は
東京都の小笠原諸島の他にはないと思う。

しかし、小笠原諸島とトカラ列島では知名度があまりにも異なりすぎる。

第一、小笠原諸島は東京都である。
この2つの僻地は単純にアクセス時間で比較できる場所ではないだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です