アプリ不要! 外国語を学ぶときに、最初にすると超はかどる1つのこと

シェアする

外国語を学ぶのは楽しい。楽しいが、ほとんどの人ってかじっただけで終わりになるんだよな。もったいない。

最初に基礎はすごく大変。だけどちょっとがんばって日常会話まで出来るようになるとグングン面白くなるのだ。ただそこまでいかない人がすごく多い。

外国語を学ぶ時に一番大切なことは継続だ。そんなことは小学生でもわかる。でも継続できない。だから話せるようにならないのだ。

人間はなまけるようにできているから、継続できない。

だけど安心してほしい。解決方法は簡単だ。なまけていても継続できる方法を使えば良いのである。

スポンサーリンク

諸君、今すぐスマホの言語設定を外国語に変えなさい!

時代はスマホだ。老若男女みんな暇さえあればスマホをいじっている。毎日何時間も使っているスマホの言語設定を学びたい外国語に変えるだけでいい。

それだけで毎日イヤでも学びたい外国語を目にするようになる。これならなまけていてる間も学習ができちゃうのである。

心配する必要はない。どうせよく使う項目は場所で覚えているものだ。たとえ見たこともない単語が出てきたって推測できる。

推測。そうそう、この推測こそが外国語を学ぶ上で重要な能力でありトレーニングになるんだった。

英語でも中国語でも、実は単語は単語と単語の組み合わせでできている。特に中国語なんかは日本語と同じ漢字を使っているから推測しやすい。

ある程度の単語を覚えていればスマホをいじっている時も「あ、これ新しい単語だけど、たぶんこういう意味なんだろうな〜」ってな感じでわかるものだ。

あ、今「そんな推測みたいな感じだと正しい単語の意味を学べないじゃないか!」とか思った?

だったら日本語の単語の意味を正確に説明していただけないだろうか。

たとえば「勉強」の意味を完全に説明できるだろうか。きっとできなくってビックリすることだろう。

それは特別なことではない。言葉には「絶対にこの意味しかない」なんてものは存在しないからだ。

ぼくらだって生まれた時は、周りの人が話している日本語を聞いたり、見たりして日本語を勉強したものだ。記憶にないけど。

それよりはむしろ「この単語って大体こんな意味だよな」みたいに思っている方が結構話すときに使えたりするのである。

だいたい、外国語が苦手な人は日本語を外国語に翻訳しようとしているから苦手なのだ。

日本語と同じ意味の言葉なんて存在しないんだから、日本の単語を一つひとつ翻訳するなんてバカらしいことにさっさと気づいた方がいい。

そんなことより、まずはスマホの設定を学びたい外国語に変えること。言語学習アプリなんかいらないのだ。

なまけていてもできる方法を見つけてしまえば「時間がないから」なんて言い訳も無くなるはずだ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク