カナダのレンタカーcar2goを国際免許で登録する方法

カルガリーのcar2go

カルガリーのcar2go

カルガリーにやってきて一番困っているのが交通の不便さ。ダウンタウンを走る電車は無料で乗れるしバスもたくさん走っているのですが、車なら10分のところまでバスだと1時間というのはやはりキツい。というかなんだか納得いかない。

カナダの都市にはcar2goがある!

そこで、バンクーバーにいた時からよく見かけた小っこいレンタカー「car2go」を使えるようにしました。正確にはカーシェアリングサービスですね。カーシェアリングというのは、1台の車をみんなでシェアして使おうというサービスです。

car2goのおもしろいところは、その辺の路上にcar2goの車が転がっているということ。カナダは車社会なのと土地が広いのとで、ダウンタウンから離れるとたいてい路上駐車okのため、その辺でcar2goに乗って目的地の路上にポイっていうのが可能なんです。

ちなみに、どこで乗ってもどこで下りてもokなのはホームエリアという範囲内に限られますが、ちょっとした買い物や移動でしたらほとんど不便を感じないでしょう。数もかなり多いのでホームエリア内ならどんなに遠くても歩いて5分くらいの範囲にcar2goがあるはずです。

>>car2go<<

国際免許でcar2goの登録をする方法

ところで、ワーホリでカナダに来ている場合は国際免許しか持っていない場合がほとんどだと思います。

car2goは、カナダの自動車免許を持っていればすんなり登録ができるようなのですが、ぼくは国際免許しか持っていないので少々面倒でした。具体的には下記のような手順が必要です。

1、ふつうにcar2goに登録

まずは何も考えずにふつうに登録します。免許証番号のところは日本の免許証番号を入れます。

2、日本の自動車安全運転センターで運転記録証明書を発行する

ここが面倒なポイント! なんと運転記録証明書は日本国内でしか発行できないんです。カナダに来る前からcar2goを使うつもりでしたら、国際免許といっしょに英文の運転記録証明書も準備したほうがいいです。

もうすでにカナダに来ちゃってるよ〜。という人は、日本にいる家族や友人に代理申請することになります。申請から発行まで1週間くらいかかります。費用は630円です。

>>自動車安全運転センター<<

3、運転記録証明書のデータをcar2goにメールする

無事に運転記録証明書を手に入れたら、それをスキャンしてメールでcar2goまで送ります。送り先は、records(at)car2go.comです。(at)は@になおしてくださいね。

4、car2goから返事が来たらok

それから3〜5日くらいしたらcar2goから返事が来ます。よほど変な運転記録がない限り問題ないでしょう。これで使用可能となります。

北米の主要都市で利用可能

ちなみに、一度car2goに登録すると、登録した都市以外でも利用可能になります。北米の主要都市ならcar2goがあるのでバンクーバーで登録してカルガリーやトロントに遊びに来た時でも簡単に使えるということですね。これは便利!

日本の離島でやればおもしろい

日本でもカーシェアリングサービスが普及してきましたが、車を停める場所が決まっているのでcar2goほどは便利じゃないですよね。たぶん。

それから、台湾ではレンタルサイクルで同じようなシステムがありますがさすがに乗り捨てはできません。

日本の離島なんかでcar2go的なサービスがあるとものすごく流行すると思うんですけどねえ。ちなみに大分の姫島ではこれに近いサービスが始まっているようです。

>>超小型モビリティ、姫島の事業所に貸し出し エコをシェアしよう<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です