沢登りin台湾「三光渓」#01

台湾での沢登りのワンシーン

2013年4月26日夜出発〜28日の間に台湾で沢登りをしてきました。
台湾人6人、日本人2人の合計8人パーティー。

日本とはまったく異なる海外での沢登りを体験し、
そしてお互いの国の文化の違いを知ることができた、
面白おかしい沢登りでした。

 

憧れの海外沢登り

事の発端は、探検部時代の後輩から声をかけられたこと。
海外溯行同人のつながりで台湾の沢屋と知り合ったから、
今度いっしょに行きましょう、とのことでした。

しかし、沢登りは八久和川で死ぬような目にあって以来。

「まーでも、台湾人に連れてってもらうんだから、
まあなんとかなるだろう。」

なんて思っていたら大変な目にあいました(笑)。

 

誰といっしょに行くのか分からない沢登り

実は探検部以外の人と登山する経験はほとんど有りませんでした。
沢登りに関しては、まったく初めてのことです。

しかも、相手は言葉の通じない台湾人。

集合場所の桃園駅に着くものの、
台湾人が時間を守るのか、そして誰といっしょに行くのか分かりません。

桃園駅

とりあえず、みんな英語がしゃべれるらしいけど…。

後輩といっしょにデッカイザックを持って駅で待ってたら、
案の定向こうから話しかけてくれました。

いっしょに台湾で沢登りする台湾人

ちなみに、午後9時集合だったのに全員集まったのは10時30分過ぎくらい。
やはり、台湾の方は時間にルーズなのか…?

 

入渓点までは車で3時間くらい

台湾の沢登りでは車で入渓点まで行くのが一般的

海外での沢登りは初めて&お互い言葉が不自由。
そんなワケで、ぼくと後輩は何がなんだかよく分からないまま、
車で入渓点へ連れて行かれました。

車は8人全員乗れる大きなバン。
台湾は交通が不便なので、山に行くには必ず車を借りないといけないそうです。

途中、セブンイレブンで休憩をとります。
みんなは明日の朝御飯と、行動食を購入しますが、
ぼくたちは予め買っていたので、とりあえずビールを購入。

「日本人は飲んでばっかりとか思われませんかね?」

などと話しつつも、日本と同じ感覚でビールを入渓前に購入。
ちなみに、台湾の人はお酒をあんまり飲みません。
健康的でいいよね。

 

大雨のなか眠りにつきました…

台湾での沢登り前夜。大雨…。

セブンイレブンからまた1〜2時間進んで、入渓点に到着。

海外の沢登りだから、結構遠くまで行くんじゃないかと思っていのですが、
意外と近い感じがしました。

そして初日は入渓点の林道で眠ります。
雨が降っていました。
大雨…。

夜じゅう、タープから雨が零れ落ちて不安でしょうがなかったです。

八久和川の時も、こんな感じで降ってて、
鉄砲水になったからなあ…。

とはいえ、後輩はこの沢登りのためだけに台湾に来ているし、
その他のメンバーも台南や台中からはるばるやってきています。

そしてリーダーの台湾人がぽつり。

「Sawanobori in Taiwan is always rain…
(台湾での沢登りはいっつも雨だから…)」

 

[box_yellow]台湾三光渓沢登り1日目

  1. 後輩と共に台北の桃園駅へ。
  2. 台湾人パーティーとなんとか合流。
  3. 台湾人パーティーが準備した車で入渓点へ。
  4. 途中セブンイレブンで食料と酒を購入。
  5. 大雨のなか、入渓点前の林道でビバーク[/box_yellow]

つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です