stumbleupon!でマクロの情報収集

シェアする

なにか面白そうなウェブサービスがあったら何でも試すのが好きなんです。
もはや趣味に近いですね。
さて、これまでにdaytumとdrupalgardens、
それにfacebookについて紹介してきましたが、
今回はStumbleUpon!について紹介しようと思います。
なにやら本国アメリカではtwitterよりも影響力があるらしい…という噂をきき、
とりあえず使ってみよう、といういつものノリで使ってみました。
それにしても、StumbleUpon!とは何なんだろう?
ということでざっくり日本語で調べてみたんですが、全然情報がありませんね。
なので実際にStumbleUpon!を使ってみました。
StumbleUpon!の登録方法>
1、http://www.stumbleupon.com/にアクセス
とりあえずStumbleUpon!で検索して、本家のサイトにアクセスします。
2、人間だと証明する
ユーザー名とパスワードを指定したあと、
人間だと確認する為にfacebookへのログインを許可します。
ちなみにfacebook以外でも証明できるんですが、
デフォルトのままだとfacebookが選択されているようです。
ついにここまできたか、facebookという感じですね(意味不明)。
3、興味のあるキーワードを選択する
で、その後になにをするんだろう? と思ったら、
興味のある項目を選択せよ、という画面になりました。
画面には様々なキーワードが並んでいます。
ここから、outdoorだとか、agricultureだとか選んで、決定。
キーワードを選択すると、そのキーワードを元に
ユーザーが好きそうなキーワードをピックアップ
してくれます。
そしていくつか選んでからサインインが半分完了。
4、メールアドレス認証を済ませる
後は登録したメールアドレスにStumbleUpon!から届いたメールに
書いてあるurlをクリックして、手続きは終了です。
StumbleUpon!の使い方>
するとなにやらダッシュボードに行けるのですが、
画面の左上に「Stumble!」という文字が。

stumble-buttun

さっそくこれをクリックしてみましょう!
すると、今度はどこか違うウェブサイトに行ってしまいました。
しかし、丈夫には「StumbleUpon!」のものらしきバーが…。
stumbleupon
どうやら、ここで様々な操作をするようですね。
サービスの内容をきちんと読んでいないので、
まだ何ができるのかわかっていません。

バーに並んでいるボタンから親切に説明が出てくるので、
それに従って操作をします。
やっぱり、この「Stumble!」ボタンを押すみたい。
すると…、
ななな、なんと!
最初に登録したキーワードから、
ユーザーが興味ありそうなウェブサイトを表示してくれる
わけですね。
なるほど~。
で、これだけだったら大したことではないのですが、
それぞれのウェブサイトごとに、
サムアップボタンとサムダウンボタンがあるわけです。

ユーザーがウェブサイトの評価をしているわけですね。
自分が、このサイトいいな、と思ったらサムアップをする。
すると、それがお気に入りになる。
StumbleUpon!のバーを見ると、何人がサムアップしているのかわかる。と。
サムアップとサムダウンを繰り返していけばいくほど、
StumbleUpon!がユーザーの好みを学習していくわけです。
これなら、自分が興味あって、かつ、
みんなの評価が高いサイトを次々に閲覧することができる
というワケですよ~。
へえ~。
なお、デモ動画は以下からご覧になれます。
http://www.stumbleupon.com/productdemo/
と、まあ一通り使ってみて考えたのが、
一番ミクロな情報はtwitter
もう少し具体的な情報が欲しければtumblr
そして、もうウェブサイトごと見たいぜ!という場合には、
このStumbleUpon!
を使えばいいのではないか、と。
こうして使い分ければ、ミクロからマクロの情報までバッチリですね!
が、しかし悲しいかな、
こういうサービスはユーザーが増えないと効果がありません。
そう、あの頃はtwitterも、tumblrも、facebookも、
日本人はほとんど使っていなかった。
ところが最近になって日本人ユーザーも増え、
ようやく便利なものになってきました。
現在、ウェブサイトには価値のある情報から、
そうでもない情報までたくさん存在しています。
そうした情報社会のなかで価値ある情報を見いだすには、
ソーシャルな力が必要不可欠。
日本人ユーザーが増えれば、さっき説明したように、
twitter、tumblr、StumbleUpon!の三者の使い分け
効果的な情報収集方法になるはずです。
今は英語のサイトばかりですが、言葉の関係ない、
写真などのアート系のウェブサイトをstumble!するのは誰でも楽しめるはず。
この機会に時代をちょっと先取りしてみるのは如何だろうか?
もしStumbleUpon!がこのままアメリカで快進撃を続けていけば、
日本上陸の日もそう遠くないはずだ。

にほんブログ村 旅行ブログ その他珍しい旅へ

便利かな?と思ってくれたらクリックしよう!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク