台湾人の好きな動物って?

シェアする

臺灣には犬がたくさん歩いている

台湾で暮らして、町中でよく見るものは何だと思いますか?

屋台、コンビニ、眼鏡やさん…いろいろ有りますが、
ぼくが一番多いなあと思っているのは「犬」。

台湾の人は本当に犬が好きなようで、どこに行っても犬と一緒です。

でも、犬が多いなあと思うのは、単純に犬の数が多いからではありません。

台湾の犬は、路上のみならず、コンビニやレストラン、
電気屋さんなど、さまざまな所にいます。

それも、放し飼いで。
だから、犬が多いなあと感じるんですね。

犬が放し飼いになっていると、狂犬病とか大丈夫なの?
と思ってしまいますが、地元の人たちはあまり気にしていない様子。

日本の猫のような感じで、放し飼いで自由きままに暮らしています。

そうそう、一番印象的だった出来事があります。
それは、ある田舎町のコンビニに行った時のことです。

朝行くと、コンビニの前には大きな犬が寝ていて、
平和だな~と思ったのですが、お昼頃に行くと、
その犬はコンビニの中で涼んでいたのです。

ちなみに、そのコンビニは日本にもたくさんある「ファミリーマート」。

日本と同じコンビニで、日本ではあり得ない光景を見て、
ああ、台湾人は本当に犬が好きなんだなあ、と思ったものです。

しかし面白いことに、猫を見かけることはほとんどありません。

犬が放し飼いになっているから、猫は外を歩くのが怖いのでしょうか。

台湾では犬と猫ってどんな存在なんでしょうか?
ご存知の方がいらっしゃったら、ぜひ教えてください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク