雪山での用足し・何を履いて外へ出ますか?

雪山での用足し。
外は寒い。
雪が深い。
靴を履くのは面倒くさい。
スパッツつけるのも面倒くさい。
しかし、かといって裸足でサンダルをつっかけるのも寒い。
このままじゃ、テントのなかでうかつにお酒…いやいや食事もとれないじゃないか。
テントのなかでするのは他の人もいるし、そもそもそんな吹雪いてるわけじゃないし…。
ああ、いつでも簡単に外へでて用を足せればいいのに!
ああ、一体どうすればいいんだろう!
そんなときは、コレ、コレ ↓ を使いましょう!

スーパーシューズ
名付けて、スーパーシューズ

そうです。
これは、完全防水のビニール製ブーツでございます。
ちなみに正しい商品名は「ハイマウント ブーツ型シューズカバー」
これなら裸足でも気軽に雪の世界へ躍り出ることができますね。
いちいちテントに戻って靴の雪を払い落とす必要もありません。
スーパーのビニール袋に足をつっこんで用を足しに行くという意見もありますが、
明らかにこちらの方が機能的です。
スネの部分までカバーされるからスパッツをつける必要もありません。
雪も簡単に落ちます。
もちろん、軽いです。
ただ、これだけだと裸足では寒いので、
長距離バスでもらえる薄っぺらいスリッパをインナーにすると良いと思います。
それから、かならず裸足か靴下、テントシューズの上から履くというルールを作りましょう。
うっかりサンダルの上から履いて泥だらけにしたり、
雪を入れてしまったりしたら…大変な惨事になりますよ。
★ ビニールは寒さに弱いので、寒冷地に行くと壊れやすくなります。
  あらかじめ折り目の部分にはガムテープなどで補強をしておきましょう!
自然体験ブログランキング ← 役に立ったと思ったらクリックお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です