iPhoneよりiPod touchを選ぶべき6つの理由


My hacked (for apps) iPhone & an iPod Touch at the Apple Store

近頃は固定のオフィスで働かず、カフェやコワーキングスペースなどで働く「ノマド(=遊牧民)」というワーキングスタイルが脚光を浴びつつあります。

私は、村おこしNPO法人ECOFFというNPO法人を運営しており、しょっちゅう地方へ出かけています。

すると困るのが仕事環境。

決まった場所で仕事をすることができないので、必然的にノマドスタイルになり、思えばコワーキングスペースが2011年に爆発的に流行する前から、今でいうノマドスタイルの働き方をしていました。

そんな働き方の強い味方が、スマートフォン。特にiPhoneは本当に便利ですよね。

しかし、docomoしか電波がない地域にもよく訪れる私には、Softbankやauの通信網ではまったく役に立ちません…。

というわけで、現在はdocomoのBlackBerryを利用しています。テザリングができますし、昨年末からBlackBerryでもXiが使えるようになったので、Xiトークでガンガン農家さんに電話ができて大変便利です。

でも、なかにはパケット通信料の安いガラケーが良いという方もいらっしゃいますし、毎月の基本使用料と端末代を払って、更に2年縛りになるのに抵抗を感じる方もいらっしゃるでしょう。

そんなわけで、同じような悩みを抱える方のために、iPhoneじゃなくて、iPod touchを選ぶ方法もありますよ。しかも、考えようによってはiPod touchの方が便利ですよ。といったことをご説明いたします。

iPod touchとポータブルwifiでiPhone化できる

ガラケーで安いパケット通信料と通話を保ちつつ、iPod touchを活用するのに便利なのが、iPod touchとポータブルwifiの組み合わせ。

ご存知の通り、iPhoneは1年経てば新しい機種がやってきます。でも、iPhoneの皆さんは、2年縛りで購入しているはずですから、よっぽどのことがない限り、機種の更新は2年おきですよね。

でも、iPod touchなら当然2年縛りはありませんから、新しい機種が出ればすぐに買換えできます。

ぶっちゃけ、iPhoneアプリのなかで、最新のiPod touchで使えないのはほとんどありません。使えないのは、それこそ電話機能だけだったりします。

ですから、iPhoneのアプリを活用するだけであれば、iPod touchにポータブルwifiをプラスすればいいだけなのです。

しかも、ポータブルwifiがあれば、iPod touchだけでなく、ノートパソコンなどにも使うことができますから一石二鳥です。

圏外はありません

ポータブルwifiのキャリアをdocomoにすれば、よほどの田舎に行かない限り圏外はありません。

というか、docomoの電波は人口カバー率が100%なので、あなたの生活範囲において圏外になることはありえません。

2台持ちになる? いえいえ、1台分の支払いと変わりません

でも、ここまで読んだあなたは、こう考えるでしょう。

「ガラケーとポータブルwifi持ったら2台持ちになって、お金がかかるんじゃないの?」

いえいえ、ガラケーのパケット通信をなくせば、ガラケーとポータブルwifiで携帯電話1台ぶんくらいの支払いで済みます。

「そんなことしたら、メールが見られないじゃなか!」

いえいえ、安心してください。いまどきキャリアメールを使うなんてナンセンスです。Gmailを使いましょう。

GmailはiPod touchでも見ることができますし、将来的に携帯電話のキャリアを変えた後も、知り合いにメールアドレスを変えたことを伝える必要はありません。しかも、迷惑メールはほぼ来ません。

このように、ガラケーのパケット通信を切り、メールの受信をGmailにしてしまえば、ガラケーでかかる金額は毎月の通話料だけになります。

すると、ポータブルwifiの基本料と、ガラケーの通話料を合わせてみると、携帯電話1台分とほぼ変わらない金額になるのです!

もちろん、キャリアメールを使うこともできますが、受信するメールのサイズが大きいと、メールだけでも通信料がけっこうかかるので、あまりオススメしません。

iPhoneより軽い!

ご存知の通り、iPod touchの方がiPhoneよりコンパクトで軽いです。iPhoneもだいぶ薄くなりましたが、構造上、永遠にiPod touchより軽くなることはないでしょう。

これくらい薄いと、手帳に挟んでおけるのですが、これが意外と便利だったりします。

特に、ポケットの多い「ほぼ日手帳」を使っている人にはピッタリのはず。私自身は、ほぼ日手帳ではなく、「トラベラーズ・ノート」を使っていますが、とっさのメモとカレンダーは、トラベラーズ・ノート。その他はiPod touchというふうに使っていました。

iPhoneなど便利なスマートフォンを持っていると、ついつい携帯電話だけで完結したくなりますが、スマートフォンと手帳にはそれぞれ別の良さがあります。両方を使い分けるのが私はベストだと思っています。

iPhoneと変わらない性能

さて、冒頭でもあったように、iPhoneとiPod touchには、おおきな違いは、ほとんどありません。ここで改めて、iPhoneにはでき、iPod touchではできないことをまとめてみます。

  • 電話ができない
  • 3G回線が使えない
  • カメラの性能が低い
  • 付属のイヤホンがコントローラー付きではない
  • LEDライトが付いていない
  • GPSが付いていない
  • 電子コンパスが付いていない

といったところでしょうか。

電話ができないといっても、Skypeなどは使えますし、カメラの性能が低くても、いまどきデジカメを持ってない人も珍しいのでは?

では、反対にiPod touchが優れている点をまとめてみましょう。

  1. 縛りがないから、旧機種を下取りして常に最新機種にできる
  2. ポータブルwifiがあれば、iPod touch以外のものも通信できる
  3. docomoのポータブルwifiなら、圏外はほぼ無し
  4. 携帯電話でパケット通信しなければ、携帯電話1台分の月額費用
  5. コンパクトでいつでも持ち歩ける
  6. ほとんどiPhoneと同じ機能を持っている

もちろん、デメリットも多々あります。たとえば、wifi使うたびにポータブルwifiをオンにするのが面倒だったりします(^^;

しかし、圏外が少ないことや、ほかの機種にもポータブルwifiは使えます。使う人によっては、iPod touchはiPhoneより優れていると言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です