青春を山に賭けて

「青春を山に賭けて」(著:植村直己) を読んだ。
青春を山に賭けて
ご存知、冒険家植村直己の本である。
兵庫の農家に生まれ、明治大学では山岳部に入らされ、
そして卒業後ほとんど無一文でアメリカに渡った植村直己。
この本には植村直己の、アメリカ・フランスを中心とした五大陸最高峰登頂までの道のりと、
生活、心の移り変わりがまざまざと書かれている。

  • アルプスの登攀
  • ヒマラヤ・ゴジュンバ=カンの初登頂
  • マッターホルン
  • アフリカ・ケニヤ山にキリマンジャロ
  • アンデスはアコンカグア
  • 60日間アマゾンイカダ下り
  • エヴェレスト
  • グランド=ジョラス

などが主な本書の内容である。
個人的にもっとも惹き付けられてしまったのはアマゾンの川下りだ。
植村直己はそれまでに川下りなどは一度もやったことがない。
しかし、持ち前の度胸と「楽しそう」というなんとも原始的な理由で本当に下ってしまう。
もちろん、それなりの事前準備を行っての挑戦だが、
とにかく植村直己のチャレンジ精神には脱帽してしまう。
この章を読んでからというもの、自分の探検観はより柔軟なものになった。

“まずは自分がやってみたいと思うことを素直にやってみること”

それは探検の世界だけでなく、世の中のあらゆることに通づるのではないだろうか。
この本は何かに迷っている人、
自分のこれからの第一歩を踏み出せないでいる人にお勧めしたい。
“こんなに欲望のままに突っ走ってもなんとかなる人もいるんだ”
なんて気持ちになってしまうから。
(その後、植村直己自身はマッキンリーで命を落としているが…)
自然体験ブログランキング ← ランキングの応援お願いします!

5 Comments

bonono

SECRET: 0
PASS: 7e8dc9bbd86d1f1ff179f09f36b50c6d
youtubeでイカダの写真をみましたが、イカダでも行けるのかと感心しました。滝とかあったら危ないですね。
植村さんについて知れる本の紹介をありがとうございます。

返信する
miya

SECRET: 0
PASS: 5585d37cc32c56c471704fe6bbccd8f3
ぼくも滝があったらどうするんだよ、なんて思いながら読みましたが、
“アマゾン川(もしくは植村直己さんが下った部分)には滝はない”
という情報を得てから下ることを決めたと書いてありました。
その辺はちゃんとチェックしてから下っているんですよね。
そうした計画的な一面もすべて読むことができる本です。
そして、ものすごくプライベートな話も…。
コメントありがとうございます!

返信する
tororoimo

SECRET: 0
PASS: 7e8dc9bbd86d1f1ff179f09f36b50c6d
僕も滝があったら死ぬぞと思ってましたが、チェックしてたんですね。 詳細が書かれたこの本をぜひ、読みたいです。ありがとうございました。

返信する
kodai

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
おいおい、って事は、突っ走ったら命落とすって事じゃないか!笑 下調べは入念にだな。

返信する
miya

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
冒険家って意外ときちんと下調べをするもんなんですよね。
いずれにせよ、誰もしたことのないアマゾン川下りをたった一人でやってのけた植村直己は面白い人物だったんだと思います。
コメントありがとうございます。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です