NPOこそ真の報道ができる組織なのかもしれない

Smiles are overrated.

先日2月4日の「BLOGOS」に興味深い記事がありました。
調査報道の担い手が、主流マスメディアから、
NPOへ流れているという内容です。

インターネットが当たり前になった今、
テレビや新聞など、これまでの主流だったマスメディアが、
次々に勢いを失っているのはご存知の通りだと思います。

潤沢な資金がない状況では、
詳しく時間をかけた調査をすることができず、
また、読者を確保するためにゴシップ系の記事が
増えていているのも事実ではないでしょうか。

しかし、報道とはしっかりとした調査のもとに、
一般人が知りえない情報を提供することのはず。

主流マスメディアは次第にその本質を失いかけています。

そんななか加速しているのが、
ジャーナリストのNPOへの移籍だそうです。

確かに、報道は非営利的な要素が強いですし、
リベラルな報道をするにはNPOがピッタリなのかもしれません。

とはいえ、華々しく見えるジャーナリズムの世界でも、
やっぱりNPOはNPO。

資金源には苦労しているようです。

でも、それって本当の報道を知りたいぼくたちが
支援しなければいけないんですよね。

なんでもかんでもタダで情報が手に入るようになったからこそ、
しっかりとした報道をしてくれるメディアには、
しっかりとした資金源を提供しなければならないのでしょう。

結局、サービスを選んでいるのはぼくたちであって、
サービスの質を上げるも下げるも、実は消費者次第なんですよね。

参考記事:調査報道の担い手、主流マスメディアからNPOへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です