行き先は、風に聞いてます。

🔖 メニュー
A person riding a motorcycle on the side of a road

目的地まであと666kmとか平気で出てくるオーストラリア

残念なことに、前回のピンクパンサーパブの後の記憶があまり残っていない。

隊員のマサトの記録によると、ピンクパンサーパブがあったのはラリマーという場所で、旅の9日目となる翌日は6時間走行し、129kmを走破したようだ。

この129kmという距離は、全行程を通じ、あの灼熱の砂漠を超えたキャサリンの時以来の距離だ。

だが全く記憶がない。

残されている写真を見ると、ただひたすら地平線が広がっているものばかりだ。

こんなところを何日もかけて自転車で旅していたなんて、12年前のオレはどんだけ若かったんだよ、と思うが、大学を出たての超イケイケの時期である。

そりゃ元気だよ。

ひたすらにスチュワートハイウェイの上で自転車をジャカジャカ漕ぎ、時折現れる標識に一喜一憂する。

目的地まであと666kmとかいうワケのわからない数字も平気ででくる。そう、オーストラリアならね。

目的地まであと666kmとか平気で出てくるオーストラリア

💁‍♂️ この連載の全ての記事は「オーストラリア砂漠縦断記」からご覧になれます。