行き先は、風に聞いてます。

Menu

ネズミ、立ち入り自由

A vacuum next to a sink

やっとキッチンの水漏れが治ったと思ったら、全然違うところから水がビシャビシャ出てきていました。

よく見てみると、以前ネズミが侵入してきた穴を塞いでいた部分からでした。

あの時は、少しでも早く穴を塞ぎたかったので、四万十から遊びに来た友達がお土産にくれた超強力なガムテープでぐるぐる巻きにしていたのでした。

てゆうか、なんでガムテープお土産だったのでしょうか。まぁ、海外では日本のように品質の良いガムテープが手に入らないのでちょうど良かったのですが。

で、なぜかそこに隙間が開いており、水が出てきていたと言うわけです。

このままではまずいと思って試しにガムテープを外してみると、シンク下の排水ホースがボロボロになっているではないですか!!!

我が家は外の側溝からキッチンシンクの排水管までが直でつながっているのですが、排水管と排水ホースが連結されていないため、大きな隙間が空いている状態だったのです。

当然、食べ物があれば側溝を通ってネズミや虫が入ってくるわけで、それを防ぐためにガムテープでぐるぐる巻きにしていたというわけです。

なので、排水ホースはネズミにかじられたものと思われます…。

あー、恐ろしい!!!

せっかくなので今回はしっかり治すことにしました。

やってきたのは、澎湖(ポンフー)で1番大きなホームセンターです。ここに来れば、家を建てることができるほどの品揃えがあります。

欲しかったのは、側溝につながる排水管とシンク下の排水ホースをつなぐためのアダプターです。

排水管の方が直径6センチなので、大きい方が6センチで小さい方が排水ホースと同じ3センチのものを探しました。

排水ホースを持ってきていなかったので、サイズが合うのかどうか不安でしたが、運良く一発で正しいサイズのものを手に入れることができました。合ってなかったら交換してもらえるので割とカジュアルに買えます。

ちなみにアダプターのお値段は30元で、別のホームセンターで購入済みだった排水ホースのほうは25元でした。

これらを組み合わせて修理が完了。なんと55元(200円くらい)で済んでしまいました。うーん、安すぎでは? 別にいいけど。

これくらいだったら大家さんには頼まずに自分でやったほうが早くて楽ですね。

しかし、改めて自分はとんでもない物件に住んでいるものだなぁと感慨にふけってしまいました。もう4年になります…。

ちなみに洗濯機の排水管も外の側溝とつながっていて、こちらも隙間がガバガバです。

以前のネズミ事件の際、キッチンで行方不明になったネズミがシャワールームで発見されたので間違いなくつながっています。

もちろん、こちらもガムテープでぐるぐる巻きにしてあります。

しかも、排水溝に向けて傾斜が付けられているにもかかわらず、肝心の排水管の口が5センチくらい高いところにあるので全く排水されていません。なので、ちょっとシャワールームを掃除するにも大変苦労しています。

皆さんは大丈夫だと思いますが、物件はしっかり選んで決めましょうね。

そういえば、退去するときは現状に戻す必要がありますよねえ。きちんと現状に戻しておこうと思います☆

🏷 タグ一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です